SurfacePro7でfusion360を使う。そして、生み出される謎の生物たち。

3Dプリンター

SurfacePro7を買った。この前書いた通り、3Dモデリングをしたいというのが一つの理由だ。データを作って3Dプリンターで遊びたい。

3Dモデリングができる「fusion360」というソフトを使ってみる。

スポンサーリンク

Fusion360は趣味用途であれば無償で使える

Fusion360はAutodesk社が提供するCAD/CAM/CAEを統合した高機能なソフトウェアである。

Fusion 360 ソフトウェア紹介

・・・今のところ僕がわかることは、3Dプリンター用のデータが作れるということだけなのだが、それは許してほしい。

有料・無料さまざまなソフトがある中で、Fusion360は趣味の用途であれば無償で使うことができる。(参照:https://www.autodesk.co.jp/campaigns/fusion-360-for-hobbyists
また、学生や教員も教育ライセンスを用いて無償で使うことができる。

3Dプリンター用のデータを作るのに、いきなり有料ソフトを使うのはハードルが高い。ありがたく利用させていただく。

スポンサーリンク

ビギナー向けレッスン動画で使い方を覚える

とは言ったものの、使いこなすにはだいぶ時間がかかりそうだ。

【ビギナー向け2】モデリング -前編-

このビギナー向けレッスンを見ながら、ちまちまと汽車を作成した。そして印刷。

いろんな機能がありすぎて、ついていくのに必死である。

そして、生み出される謎の生物

何事も実践である。そう思いつつ、生み出されたのは謎の生物だった。

トゥフ
トゥフ

こんにちは!!

ミソミッソ
ミソミッソ

こんにちは!!

ぼく
ぼく

喋るんだ。

一応、具現化もした。

Youtubeにあるいろいろな入門動画を見て慣れるしかないな。

SurfacePro7にそもそも入ってる「ペイント3D」

ところで、Windows10にはお絵描きソフト「ペイント」の3Dバージョン「ペイント3D」が入っている。

Windows 10 を担当者が語るシリーズ IV Creators Update ペイント3D編

ただ、3Dプリンター用のデータ形式.stlにうまく変換できなかったので、今のところそっと置いておいている。

カイロソフトのカイロ君を作ったつもりになっている。

うまく使いこなせる人は、どんなソフトを使ったとしても、問題なく遊べるだろう。僕の場合、謎の生物を生み出し続けそうな予感がしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました