【NFT】自分で作成した画像をNFT化してみた!

日常

お久しぶりです!うーちゃんです。

今回は自分で作成した画像のNFT化に挑戦してみました。

スポンサーリンク

NFTとは?

NFTって聞いたことありますか?
正直なところ、自分は技術的なことをまったくよくわかっていません。

検索でここにたどり着いたあなたの方が詳しいと思います。
私は「のばまん」さんがNFTについて語ってたので知りました。

私は、NFTを「デジタル作品に本物の証明を与えることができるすっごい技術」と勝手に解釈しています。コピーし放題のデジタル作品を「鑑定書付き宝石のように扱うことができるようになる」と言えばイメージしやすいでしょうか。

今、注目されている仮想世界(「レディプレーヤー1」や「竜とそばかすの姫」のような世界)と相性が良いらしく、現在進行形で盛り上がっています。
実際、岩のNFTアートが何億円で取引されていたり、Youtuberで有名なUUUMが参入したりしています。

NFTに価値があるというよりは、デジタル作品にコピーと本物の概念を与えることで価値を生み出しているというのが正しいかもしれません。

間違っているなと感じたり疑問がある方は、ぜひコメントしてください。勉強させてください!
ちなみに、NFTは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略だそうです。
難しいです。

同様のブロックチェーン技術を使う「仮想通貨(暗号資産)」と比較して、NFTはアートと関連しているので、興味が湧きますね。

スポンサーリンク

とりあえずNFTをやってみた

技術的な話は難しいですが、調べてみると自分の作品をNFT化するのは意外と簡単にできることがわかりました。今回はNFT化までで、販売まではしていません。(いわゆるガス代が高かったため)

以下のURLがデジタル作品をNFT化した結果です。

デジタル作品をNFT化するまでの手順

参考にした記事や行った手順を記録しておきたいと思います。

今回はNFTマーケットプレイス「OpenSea」 を使ってみましたが、想像以上に簡単でした。

【必要なもの】

  • デジタル作品
  • 仮想通貨(暗号資産)専用のWEBウォレット
    ↑NFTマーケットプレイス「OpenSea」アカウント作成のため

NFT化したデジタルアートを販売するためには「仮想通貨(暗号資産)」が必要ですが、NFT化するだけであれば「仮想通貨(暗号資産)」を持っている必要はありません。

※仮想通貨(暗号資産)やNFTの取引にはリスクがあります。全財産をつぎ込むことのないようお願いいたします。

私は以下の手順でデジタル作品をNFT化しました。

デジタル作品をNFT化するまでの手順
(NFTマーケットプレイス「Opensea」の場合)
  • その1
    NFT化するデジタル作品を準備する
  • その2
    仮想通貨(暗号資産)専用ウォレット「MetaMask」アカウント作成
  • その3
    NFTマーケットプレイス「OpenSea」アカウント作成
  • その4
    「OpenSea」でデジタル作品をNFT化

「MetaMask」や「OpenSea」を選んだ理由はなんとなくです。調べたら出てきたので試しにやってみました。

ちなみにデジタル作品は、Windowsアプリ「Zen Brush 2」をわざわざインストールして、「うーちゃん」の「う」を書きました(笑)
その描いた過程を録画した動画もNFT化してあります。

NFT化した画像に価値が宿ってくれ。

今回「デジタル作品に本物の証明を与えることができるすっごい技術」 によって、ただの画像に「コピーと本物の概念を与えること」ができました。

多分、(というか絶対)いまのところ価値は生まれてないです。

NFT化した画像に価値が宿ってくれ!!!

価値とは何か、NFTは人間に改めて問いかけています(いない)

コメント

タイトルとURLをコピーしました